清瀧寺(35番)に安全に行く方法

車お遍路の最大の問題といってもいい、四国お遍路35番札所の清瀧寺(きよたきじ)のお参り.事前情報を入手して挑むお遍路さんも多いかと思いますが、四国お遍路八十八ケ寺中、車お遍路の最難関の道のりとなります.お寺までのラスト1kmの道のりの車幅は車1台分しかなく.車同士が対向できるポイントは数ヶ所、しかもギリギリで交わせるようなスペースがあるのみです.

清瀧寺(35番)に安全に行く方法

安全に行く方法その①

35番の清瀧寺は何度か車で行ったど、最後の山道はほんと狭くてたいへんなのよ.なんとか安全に登る方法はないものだろうか.

ハイヤーを利用するというのはいかがでしょうか!

関西方面からの自家用車のお参り、金剛福寺(38番)までの運転が大変ということで、バスツアーを利用した際に発見した方法です.清瀧寺(35番)にはフルサイズの観光バスでは行けないため、山のふもとにある交通観光会社でマイクロバスに乗り換えて移動します.
安全に清瀧寺に行く方法

帰りがけに個人利用もできますか?と聞いたところ”タクシーを利用できるので、”次回、おこしの際はぜひお声がけ下さい”とのことでした.
安全に清瀧寺に行く方法

土佐市観光有限会社

土佐市観光有限会社
四国八十八ヶ所35番札所清滝寺への送迎、
観光貸切バスのことなら土佐市観光有限会社へ!
ホームページ:URL
地図:〒781-1102 高知県土佐市高岡町乙2670-1
TEL.088-852-1237

当日、飛び入りでお願いしも快く送り届けてくれますよ

1回目は自分の車、2巡目はバスツアー、3巡目はハイヤーを利用することにしました.
事前の電話予約がいいのは分かっていますが、車お遍路は何時に到着するか読みずらいんですよね.
こちらが事務所になっていて、ドアを開けると配車の連絡を受けるお姉さんと、夏場なんで、完全に思い違いのイメージ映像ですが、こたつに入った運転手さんが待機していました!
安全に清瀧寺に行く方法

お姉さんが『清瀧寺に行ってあげてよ~』と声掛けすると『はいよ~』という感じで清瀧寺まで運んでくれます.
安全に清瀧寺に行く方法

プロは我々が選択するナビが指示する道では登っていかないようです.対向車が来る確率は相当低いようですが、プロのドライバーさんが切り替えさないと曲がりきれないようなカーブが数ヶ所あります.覚えて行ったとしても地獄の道であることはかわりないです.

参考まで、清瀧寺 プロが選択する道を紹介

チャレンジされる方は動画を見て予行演習してみて下さい

ハイヤーの料金

安全なのはいいけど、料金はどれくらいなの?

往復で2,500円くらいです.お参りの間、お寺さんで待ってもらえますし、精神衛生上もいいです.こすって修理代や車の保険のことを考えると安いという考え方もできますよ.

私が利用した際は¥2,260でした.
手前でメーター切られたりしていましたので、清瀧寺で相当な時間を滞在しない限り、普通にお参りして納経するだけなら、おそらく¥2,500円を超えないと思います.
安全に清瀧寺に行く方法

結論:

私のような運転な苦手な方はハイヤーを利用することをお勧めします.最近は値上がりすることを考えると、気軽に車両保険も使えませんからね.ようけいな気を使うことなく、お参りに集中できるというのがいいです.

安全に行く方法その②

『歩いて登る』です.

清瀧寺のふもとの高速道路の架橋下に車が何台か駐車されてることがあります.ここから歩くという方法があるようです.片道が約1.3km、往復で一時間程度の道のりとなるようです.個人的には未経験なので次回チャレンジしてみたいと思います.

歩いて登った際は改めてレポートしたいと思います.

コメント

  1. […] >35番 清瀧寺 安全に行く方法のまとめ […]