菅笠(すげがさ)の実話

四国お遍路車四国お遍路

菅笠(すげがさ)の実話

お参りに便利なお遍路笠ですが、実は・・・

四国お遍路車

1番さんで購入して、1巡目の1回目のお参りの80%以上の使用率があったのですが、2回目は10%以下・・・

メリット

・夏場は日傘の代わりになって、涼しくて気持ちがいい
・雨でもお参りしやすい
・周りがお遍路さんと分かってくれる

デメリット

・とにかくかさばり、重ねて置くこともできないので車で運ぶのもたいへん

なんと、2巡目のお参りにはおうちでのお留守番となってしまいまいた.

金剛杖の実話

ついでに、金剛杖も2巡目はお留守番となってしまいました.
お参りの途中、忘れてこないか心配になるアイテムでもあるので、今回は安全策としてお留守番してもらいました.
参拝者がいないのに・・・このような忘れ金剛杖が至るところにあります.

四国お遍路車
駐車場から近ければ戻ればいいだけなのですが、本堂まど遠かったり、車で出発してしまったなどの場合は諦めるしかないですね.

お遍路笠 文字の意味

ところで、この菅笠ですが、文字の書いてあるの笠は”おへんろ笠”とも言います.このごにょごにょ書いてる文字には意味があります.

梵字(ぼんじ)

『同人二人』の反対側にある、1文字読めない文字があるかと思います.梵字(はんじ)と呼ばれる文字になります.読み方は『ゆ』のようです.古代インドで使われていた密教とともに日本に伝わった文字で、弘法大師さまを表します.この梵字(はんじ)が書かれているほうが”前”になります.

四句の悟り

迷故界城 悟故十方空 本来無東西 何処有南北 の4句が書かれています.
=迷うが故に三界城なり 悟るが故に十万は空なり 本来東西は無く 何処んぞ南北有らんや
この四句の悟りは無着道忠禅師が著した『小叢林清規』に書かれています.

迷故三界域

人間が悩んだり苦しんだりするのは、煩悩や欲望、常識やこだわりなどに縛られて、三界(欲界、色界、無色界)を脱することができないからです.

悟故十万空

しかし、仏心を持ち、悟りを開こうとするならば、何にも捕らわれることない自由な世界が見えてくるでしょう.

本来東西無

もともと、この世界には自分自身を縛るものや,常識という決まり事もないのです.太陽が東から登り、西に沈むといいますが、その、東や西というのは人間が決めた言葉であって、本来名前などないのです.

何処有南北

東西と同様、南北という言葉も、人間が決めた便宜上の言葉です.この世の常識というものは、人間が作り出したものであり、それらに縛られているのは人間だけなのです.

悟りの境地へ達し、解脱するための教えを、菅笠に刻んで巡礼しているという意味になります.

同行二人(どうぎょうににん)

同業二人は四国お遍路ならではの言葉になります.巡礼を始めた瞬間から「お大師様がずっと寄り添って同行してくださる」という考えがあり、一人で歩いていても常にお大師様がそばにいて、その守りを受けているとされています.
この同行二人という言葉は四国お遍路ではよく見かけます.白衣(びゃくえ)、金剛杖、山谷袋(さんやぶくろ)などにも書かれています.馴染み深く、昔から大事にしてきた精神になります.