弥谷寺(71番)いやたにじ

弥谷寺(71番)いやたにじ
駐車場:無料/境内まで15分/次の72番札所まで約6.5km 約15分
ご利益:願いが叶う

駐車場から本堂まで遠いベスト3の1つ、階段を登る必要はありますが、近くまで行く有料駐車場があります.少しでも近くまで行かれたい方は、事前にお寺さんに電話してみて下さい(0875-72-3446)
シャトルバスの運行がはじりました
(足腰に不安な方も大師堂までは簡単に行けるようになりました)

弥谷寺71番 全体案内図

弥谷寺71番

弥谷寺71番 境内案内図
物のサイズ感がおかしなような気がしますが・・・
広大な敷地の中にある弥谷寺

車お遍路

弥谷寺 境内までの道のり

シャトルバスを利用せずに歩くと、駐車場から境内までは約15分の道のりです.

車お遍路

弥谷寺71番

残りの階段530段・・・

弥谷寺71番

まだまだこのあたりは山門までもたどり着いていません

弥谷寺71番

山門前のキツイ階段

弥谷寺71番

ようやく山門

弥谷寺71番

森林の中の木陰にあり

車お遍路

すごく神秘的な山門です

弥谷寺71番

山門から階段

弥谷寺71番

ここで終わりかと思ったら、角を曲がってさらに階段・・・

弥谷寺71番

先に何か見える!

弥谷寺71番

一瞬、お釈迦様に癒されながら

車お遍路

手水場

車お遍路
まだこの先に最後の地獄の階段があります.
限界に近い方はここの自動販売機で水分補給しましょう.

弥谷寺71番

ゴールは近づきつつありますが、大師堂までの108段

弥谷寺71番

勾配のキツイ階段

弥谷寺71番

滑り落ちると大けがをしますので注意して下さい

弥谷寺71番

そして、やっと大師堂に到着と思いきや、ラストの階段

弥谷寺71番

大師堂前にある大黒天

車お遍路

大師堂

弥谷寺の大師堂は中に入ってお参りできる珍しいパターンです

弥谷寺71番

靴を脱いで入ります

車お遍路

※拝観料などは必要ないので安心して下さい

弥谷寺71番
入り口を入って左側が納経所です

正座してお経を唱えることもできます

弥谷寺71番

大師様の裏側は檀家せん専用ルームです

弥谷寺71番

お参りを済ませてさらに奥に進んと

『獅子の岩屋』

弥谷寺71番

大師が密教を学んだお『獅子の岩屋』とされています.
この年になってパワーアップすることはないと思いますが、少しだけ賢くなったような気がします.

弥谷寺71番

多宝塔

弥谷寺71番

前回はは雨ということもあり、『かなり滑りそう』ということで近くまで行きませんでしたが

車お遍路

晴れてても滑りそう・・・怪我とかも面倒なので諦めました

弥谷寺71番

大師像

車お遍路

鐘楼

鐘楼は大師堂と本堂の間にあります

車お遍路

出鐘、戻り鐘を気にする方は大師堂をスルーしてからのこ鐘を打ちましょう

弥谷寺71番

山頂なので比較的、周りを気にせず打つことができます

鐘楼~求聞持堂までの寺院

車お遍路

弥谷寺71番

旧鐘ですかね?無造作に放置されています

弥谷寺71番

天霧城跡ルートの分岐点

弥谷寺71番

標識ありますが、2,3kmありそうです.軽く行ける距離ではありませんので行くならしっかりした装備を準備して挑みましょう.

弥谷寺71番

求聞持堂

虚空蔵菩薩求聞持法というのがあるようで、ここで修行すると記憶力がアップするようです.

車お遍路

お勉強の記憶力アップに役立つかも.

弥谷寺71番

弥谷寺71番

求聞持堂を過ぎても階段は続きます

弥谷寺71番

弥谷寺では死者を供養するため

車お遍路

『弥谷参り』

死者の霊を水場で降ろす習わしとなっています.

弥谷寺71番

弥谷山は死者の寺、日本三大霊山の『青森の恐山』、『大分の臼杵摩崖仏』につぐ1つとして数えられています.

弥谷寺

摩崖仏(まがいぶつ)

弥谷寺の見どころ摩崖仏(まがいぶつ)

摩崖仏(まがいぶつ)

念仏すると極楽浄土が約束されすそうです

摩崖仏(まがいぶつ)

ようやく、本堂に続く最後の階段

弥谷寺71番

ガイドブックには疲れを忘れる風景と書かれているが・・・いや、クタクタです

車お遍路

本堂

弥谷寺71番

大師堂が立派すぎて、本堂は少し拍子抜け

弥谷寺71番

しかも、あまりに山頂すぎて参拝者も少ないような気が

弥谷寺71番

もしかしたら大師堂で納経だけ済ませて本堂にお参りしない方が多いのかな?

タイトルとURLをコピーしました