同行二人(どうぎょうににん)

同行二人どうぎょうににん

菅笠(すげがさ)にも書かれている『同行二人(どうぎょうににん)』の意味
お参りの最中、常に弘法大師様が一緒にいて、私たちを護ってくれているという意味です.

同業二人(どうぎょうににん)

自分の手に負えないことは、いつまでのくよくよ悩まず、無心になって、真心で祈ります.
仏様に心を委ねることが大事なのです.
自分も施し(ほどこし)他人に恵みを与え、喜びを分かち合います.