お遍路車モデルコース

四国車遍路

車遍路モデルコース1日目

札所は1番霊山寺~16番観音寺あたりを目標

その日に多くお参りするためには7:00にお寺に入ることがが基本になります.初日も、7:00に1番札所に到着することをお勧めします.12番を除く、17番まで近い札所ばかりです.周りを観察し、お作法を身に着けながら、1ヶ所づつこなして行きましょう.12番は前半戦の最大の難所となります.多くの人が迂回ルートを選択されています.必ずしも順番通りに周る必要はないので、11番の次は17番→16番→15番→14番→13番→12番→18番のコースがお勧めです.安全且つ、効率的に回ることができるルートになります.カーナビの入力は電話番号がお勧めです.
お遍路出発前の準備
お遍路さんのお作法

昼食

7番 十楽寺前のうどん屋さんがお勧め 移動距離もないので時間短縮にもなります.
四国車遍路
四国車遍路
四国車遍路

宿泊

徳島市内の安いビジネスホテルが利用できます.17番まではお寺が密集していますので初日の宿は徳島市内でOKです.

車遍路モデルコース2日目

札所は16番井戸寺~23番薬王寺を目標

12番の迂回ルートを選択すると、初日は15番~17番あたりでタイムオーバーになるかと思います.2日目も早朝7:00からお寺さんに入り、昼食時間などを調整しながら23番 薬王寺を目標にお参りします.

昼食

この日はお寺間の移動が忙しいので、コンビニの食事になるかもしれません.

宿泊

安全パイでいくなら23番、薬王寺周辺の旅館.薬王寺は宿坊(夕・朝食付き¥6,980/1人) もあります.チャレンジするなら室戸岬周辺の旅館もお勧めです.24番最御崎寺にも宿坊があります(初カツオ、戻りカツオの時期はカツオのたたきが最高に美味しいです!)23番 薬王寺から24番 最御崎寺まで距離が長いので、この日のうちに移動だけは済ませておきたいですが、問題はタイムオーバーなどで、23番の薬王寺にお参りできなかったケースです.宿泊先を24番、最御崎寺の周辺にしていた場合、翌朝、80km離れた、23番薬王寺に1時間半近くかけて戻るという悲劇が待っています.戻るだけなら早起きして取り返せばいいだけなのですが、さらに80kmの下道を戻るというロスが生じます.お参りできるAM7:00~PM5:00(正確には御朱印を頂ける時間)の貴重な時間帯に、下手をすると2時間弱を無駄にしてしまいます.そういう意味で23番、薬王寺周辺の周辺の宿泊先を安全パイとして紹介しています.ちなみに管理人の写真の撮影時間の記録を確認すると、23番薬王寺の山門の写真が16:20となっていました.ギリギリではないですが、そんなに余裕のあるスケジュールにはなっていないことが分かります.
節約コースの場合:管理人は節約より、時間が読めないという問題があったので、とろむ海の駅車中泊を選択しました.コンビニ、食事場はありますが、近くにお風呂はないので薬王寺に隣接している温泉(500円)で綺麗さっぱりしてからの移動をお勧めします.

車遍路モデルコース3日目

札所は24番~34番種間寺あたりを目標

24番 最御崎寺に7:00入り必須です.この日は目標通り参拝できなくても、翌日の4日のお参りで調整可能なので、32番あたりで最終になっても、高松市内に入っていれば問題ありません.

昼食

この日も移動が忙しいのでコンビニクラスの食事

宿泊

宿泊先は高知市内で繁華街近くにしておき、晩御飯は居酒屋さんというのはいかがでしょうか.そこらへんの居酒屋さんでもカツオは普通に美味しいです.そろそろ旅の疲れも貯まってきたころではないでしょうか.海の幸とほどほどのお酒で、英気を養ってはいかがでしょうか.管理人は食べ物もお酒も美味しすぎて深酒してしまいましたが・・・

四国車遍路
何気に入った居酒屋さんでも最高においしかったです.地元だと当たり前なのかな?

車遍路モデルコース4日目

札所は35~38を目標

4日目 この日の移動距離は長いですが、ゆっくり目に回れます.

昼食

移動中の国道沿いにある道の駅なぶらさがお勧めです.”よくばりセット”潮塩カツオとポン酢の両方が味わえます!
四国車遍路
四国車遍路
四国車遍路

宿泊

足摺岬周辺、もしくは土佐清水周辺の民宿、このあたりはサバが美味しいです.ウツボの天ぷらなども有名です.翌日の移動時間を考えると宿毛周辺の宿という選択もありです.ただ、おそらくですが、お遍路でもしない限り、一生に1回来るか来ないかの場所になるかと思います.関西方面からでも、簡単に行ける地域ではないです.一ヶ所、お金の使いどころがあるなら、ココです!管理人は下調べが足りず、車中泊になってしまったのですが、翌週に行った釣り仲間が土佐清水のサバを絶賛しておりました.せっかくなので海の幸を堪能することを強くお勧めします.(めっちゃ後悔しています)
車中泊なら道の駅もすくが便利です.1km圏内にコンビニ、食事場所あり.お風呂は足摺で立ち寄り湯で済ましておくか(夕方に入れば景色も最高)、宿毛リゾート 椰子の湯の利用が便利です.

車遍路モデルコース5日目

札所は39~45あたりを目標

最終の45番が車お遍路の最難関のお参りになります.駐車場から20分近くかかりますので、ギリギリにお寺に入って、納経だけ受けるというのはできません.43番からは高速を利用することになるのですが、時間的に余裕がなさそうなら、48番~51番をお参りする方法もあります.むしろ、43番から高速で松山市に入り、近いお寺46番~51番までを時間いっぱいまで回ったほうが効率はいいです.この日の宿泊は宿坊という選択もないので、いずれにしても松山市内に戻る必要があります.2回目になりますが、残り時間を計算しながら、順番を無視して回るほうが効率がいいです.

昼食
移動重視でこの日はコンビニ飯

宿泊
45番 岩屋寺を通過すれば46番以降は松山市周辺に密集しています.順番通りに回らなかった場合でも、松山市内周辺のお寺がこの日の最後になります.コスト重視なら松山市内のホテルが最適かと思います.もしくは少し余裕があるなら道後温泉なんかはいかがでしょうか.ただ、メインの外湯は市内からも近いので車遍路なら温泉は余裕で楽しめます.

四国車お遍路

四国車お遍路
※2019年1月から7年間の工事を予定しています.工事期間中一部しか解放されていません.2階の休憩室などは利用できず、1Fの狭いお風呂のみの利用になります.

車遍路モデルコース6日目

札所は46~64(60除く)あたりを目標

60番は後回しにし、移動時間のロスタイムをなくすため、翌朝の早朝にまわることをお勧めします.いずれにしても60番をお参りすると、64番まではほぼ不可能になってしまいます.

昼食

移動中にある道の駅どんぶり館がお勧め.お昼ちょっと過ぎに通過することになるので、ピークを避けて入れます.
四国車遍路
四国車遍路

宿泊

西条市内のホテルの予約がいいでしょう.車中泊する場合は道の駅 小松オアシス お風呂は隣接している 椿温泉こまつの利用が便利です.カプセルベット(3000円)などもあるようで、節約お遍路には最適な施設です.※2017年6月5日、どうやら何かやらかしたようで全館営業停止になっているようです、要確認.

車遍路モデルコース7日目

※以降、2日間で88まで参拝するには観光はなしの予定になります

札所は60(~64まで制覇)~73あたりを目標

60番には有料の平野林道料金所(1,850円)を6:20ころ通過したい.※12月末~2月末は納経時間が8-4時になるので注意.林道の通行情報はこちらで確認.残り2日間で88まで周るためにはロープウェイを利用する66番の雲辺寺の時間の使い方が運命の分かれ道となります.お参りと納経だけなら残り2日間コース.展望台など観光も満喫したいなら残り3日間コース(車お遍路 全行程9日間)をお勧めします.

昼食

移動重視となるとコンビニ飯になる.もしくは県道沿いにあるセルフのうどん屋さんで.残り3日間コースならゆっくり昼食をとれます.

宿泊

丸亀市、善通寺市のホテル.平日であれば当日予約のトリバゴなどで5000円以下で宿泊可能.

車遍路モデルコース8日目

札所 ~88を目標

よやく最終です.75番だけは8時以降にお参りしましょう.戒壇めぐりができる拝観は8時以降の受付になります.72~79番は密集していますので、75番の善通寺(総本山)を8時以降にお参るするスケジュールになるよう調整することをお勧めします.

昼食

移動重視でも道中にチェーン店系のうどん屋さん多数あり.気になるうどん屋さんがあれば事前にチェックしておきましょう.

宿泊そのまま帰るか(全行程8日間コース)、ゆっくりするか(9日間コース)・・・8日間で周りきれうかの境目は85番(ケーブルカーあり)を何時に通過でするかです.タイムリミットはPM2:00.このケーブルカーにPM2:00乗車(&お参りと納経のみ)できるスケジュールなら、当日、88番さんまで完全制覇可能です.周りきれなかった場合は翌日に備えて宿は準備しておきましょう.事前チェックで、祭りや会合がなければ当日の宿泊予約でもOKです.残ったとしても3~札所です.最終日は調整用に高松市のホテルの予約をお勧めします.終盤の2日間にかなりの余裕ができますし、ゆっくり、じっくり、観光も合わせたお参りができるようになりますよ.

四国車お遍路

知らなかったのですが鳥料理が有名みたいですね

四国車お遍路

うみが見える『うどんや』という讃岐うどんやさん