四国お遍路 午後と午前の進み方が違う

四国お遍路 午後と午前の進み方が違う

車で四国お遍路を回っていると、2日目あたりから午前と午後で時間のスピード感が違うことに気づきます.

何故かな?午後はあっという間にPM5:00になってしまうんです.

お遍路の時間配分

繰り返しになりますが、お寺の納経所が開いている時間はAM7:00~PM5:00になります.

ですので、お遍路はこの7:00~5:00の間に、いかに効率的に回れるかが勝負になります.

午前中は少し余裕がある感じがするんです.

ところが、昼食をとったあたりから一気に時間の流れがスピードがアップします.

お遍路中、ずっとなんでかな?思っていたのですが、

帰ってきてから理由が分かりました.

午前:AM7:00~12:00 5時間
午後:PM1:00~5:00  4時間

当たり前のことなのですが、午後のほうが1時間短いんです.

ですので、当日、参拝を予定しているお寺さんを、午前と午後と半分づつで計算するとダメなんです.

ただでさえ、5時に近づくにつれ、慌てだしくなり、参拝も身が入らず、荒っぽくなりがちです.

運転はも分に注意する必要があります.

移動距離など計算する必要がありますが、当日、10ヶ所回る予定であれば

午前中に6割、午後に4割、そんな感じで計画することをお勧めします.






このエントリーをはてなブックマークに追加