お遍路ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

車お遍路の難所60番横峰寺

車お遍路難所

車お遍路の難所60番横峰寺

県道、平野林道の料金所、60番横峰寺の駐車場までの道のりを紹介

この道が有料道路???

恐ろしく細い道が続きます、、、

落石やがけ崩れも多いようなので、事前に林道状況を確認しておいたほうがよさそうです.

運転が苦手なドライバーは横峰寺登山参拝バスを利用するという方法もありますよ.

2018年8月21日 | カテゴリー : 四国お遍路 | 投稿者 : ohenro_car

四国お遍路 やたら近くに神社が

神仏分離

四国お遍路を周っていると、神社と隣接しているお寺さんが良く見かけます.

古くは『神仏習合』という考えの元、同じ境内に神社とお寺が一緒にあることは普通だったようです.

ところが、明治の新政府が『神仏分離令』を発しました.

政教分離ちゃうんかい!と突っ込みたくなるところですが、まさしく、国が宗教を政治利用するため、神道国教化を進めるための下準備だったと思われます.

要するに、『XX万歳!』となるような道筋を作った法令ということになるのでしょう.

よって、当時は仏教のほうが追いやられるようなことになり、廃寺や大事な仏像や仏具の廃棄など多くあったようです.

ただ、平成の現代、四国霊場のお寺の近くにある神社は衰退しているところも多く、明治時代とは逆になっているところも多いです.

何で神社の中に鳥居があるんやろ?神仏習合時代の名残ですね.

神仏分離

一番面白いのが、79番の天皇寺でしょうか、名前から仕方がないのですが、お寺の山門がなく、神社の鳥居しかありません.

神仏分離

しかも、神社への入り口は鳥居の横から入り

神仏分離

神社へ向かうメインの道を横切ってお寺の本堂に向かいます.

神仏分離

神社のサブとなることで生き残りを図ったのかな?そんな歴史を感じる配置になっています.

兵火で焼失って

四国お遍路

四国お遍路の解説本を読んでいると、よく『天正の兵火』で焼失、後に再建された・・・という下りがあります.

なんとなくですよ、先の戦争、太平洋戦争の空襲で燃えたらなら仕方がない気がするのですが

だって、国と国の戦いですもの、、、

しかし、藩、今の県レベルの戦いで、大事な文化財を燃やしちゃいけないような・・・

当時は文化を壊す=征服ということだったのでしょうか?

宗教が抵抗勢力ということもあり、長宗我部元親が四国全土を統一する過程で数々の四国霊場で被害を受けたよです.

 

 

四国お遍路 2回目出発

四国お遍路

2018年8月14日
ようやく少しまとまったお休みができたので、四国お遍路、2回目の出発です.前回から1年ちょと、、、残り60番(横峰寺)+65番さん以降、はたしてどこまで頑張れるか.

四国お遍路

2回目ということもあり、お遍路の準備はここを見れば完璧.道中でお線香とローソクの補充をするくらい.お賽銭は1年間かけて小銭を準備していたのでOK.

四国お遍路準備 忘れがちなもの

・雨対策用カッパ、傘
・お線香、ローソク
・おさめ札は事前に書いておくこと!(日付以外)
・日焼け止め

道中で購入できるものもありますが、予想以上にお店がないので事前準備は大事です.

安全運転で行ってきます!

車お遍路に最適な靴

車お遍路

車お遍路に最適な靴

車お遍路なので、サンダルや草履でもいいのでは?
駐車場からお寺さん、本堂までの道のりは最長で20分ほど歩く場合もありますし、舗装されていない土、石畳など・・・たとえ、車お辺土でも、最低、運動靴で挑む必要があります.

どんな靴が最適なのでしょうか?
車の運転、乗り降りを考えつつ、お遍路のお寺さんまでの悪路を考慮した靴の選定が必要になります.

結論:トレッキングシューズが最適
何より歩きやすく、滑りにくいですし、雨、泥にも強い

トレッキングシューズでも
車の乗り降り、運転を考えるとローカットモデル、柔らか目の素材がいいです.

雨のお遍路を考慮すると、機能的には防水性の高いものがお勧めです.少し値が張りますが、ゴアテックス(防水性能と通気性を両立した素材)を使った靴がお勧めです.

ハイカットという使い勝手の悪さと、ボロくなってきたので買い替え検討中です.