霊仙寺(1番)りょうせんじ

車アクセス情報

駐車場:無料
境内まで:隣接
ナビTEL:088-689-1111
Mapリンク:地図URL
道路情報:県道沿いにありわかりやすい
次の札所▶ 2番 極楽寺:約1.2km/約3分

1番さん霊仙寺(りょうぜんじ)

竺和山 一乗院 霊山寺
宗派:高野山真言宗
本尊:釈迦如来
開基:行基菩薩
創建:天平年間(729〜749)
真言:のうまく さんまんだ ぼだなん ばく
HP:URL

さあ、いよいよ四国お遍路さん88ケ所の旅のはじまりです.場所の発見難易度は非常に低いです.県道を走っているとすぐに見つかります.霊仙寺というより『1番さん』という名で親しまれています.駐車場も広クお遍路ノスタート地点としては申し分ない環境です.しっかり心とお遍路グッズを準備してこれからの長旅に備えましょう.

霊仙寺の駐車場

四国車遍路
広い駐車場なので満車になることはないと思います

霊仙寺の総合案内所(納経所)

総合案内所=お買い物コーナーにります
霊仙寺
お遍路で必要なアイテムはこちらで確認して下さい.
>お参りの基本、お作法はこちらで学んで下さい

何回見てもちょっと怖い、お遍路さんのマネキン
霊仙寺1番

おおよそ、このセットで2万円です・・・・詳しい、お遍路身支度ガイドはこちら四国車遍路
下調べをして1番さんで一気に揃える方法もありますが、お参りスタイルによっては使わなくなるお遍路グッズもあります.>購入前に考えたほうがいいお遍路お留守番グッズベスト5

基本的にお遍路グッズは後で購入してもいいのですが、①納経帳、②朱印用白衣の判衣(はんえ)、③納経用掛け軸の参拝の証を頂く3点、納経用品だけは1番さんで購入をお勧めします.途中からはじめると、抜けているお寺さん分の納経を頂くため、戻る必要があるためです.
四国お遍路は2巡、3巡と何巡もして徳を積んでいく旅なのですが、迷ったらまずは①納経帳だけで四国八十八か所をまわるといいかと思います.2巡目から②朱印用白衣の判衣(はんえ)、③納経用掛け軸などにチャレンジするといいかと思います.

いよいよ四国お遍路さんスタート

ここから『発心』『修行』『菩提』『涅槃』と修行の道が続くのですが、
阿波(徳島県)『発心の道場』23ヵ所のお寺さんのお参りがスタートです
霊仙寺
お参りの一連のお作法はこちらでお勉強して下さい

山門

お寺さんの入り口になる『山門』入るとき、出るときに一礼しましょう
霊仙寺

手水場

手水場(ちょうずば)手と口を清めるお作法は神社と同じです
霊仙寺

観音様の手水場

鐘楼

鐘楼(しょうろう)お神酒をお供えされていたのは1番さんだけになります

鐘を撞く場合はお参り前に済ませましょう.お参りの後に鐘を撞くと『でがね』などと言って縁起が悪いとされています.忘れても問題ないので帰りに気づいた場合はスルーしましょう.

これから幾度とお世話になるローソク立て
四国車遍路

そしてお線香
四国お遍路1番霊仙寺
早起きするとこのように一番乗りになることも!

ここから88ヶ所巡りでの相棒のとなる弘法大師の化身、金剛棒はいろんなところに置き場があります

四国車遍路

本堂

本堂で般若心境を読経と、その前にお賽銭もお忘れなく
霊仙寺

まずはお経を唱える前に『納札』を投入
四国お遍路1番霊仙寺

宗派が違ったので管理人的にははじめての『般若心経』はしどろもどろ
四国お遍路1番霊仙寺
そのうちすらすら唱えられるようになります

大師堂

本堂とセットになっている大師堂
霊仙寺

お参りが済めば、お寺お寺の見どころを鑑賞
霊仙寺

約600年前、室町時代に建造されたといわれている多宝塔
霊仙寺

死者の供養に捧げられた三十仏

1番さん霊仙寺の見どころ

三鈷松

四国お遍路1番霊仙寺
通常は二つの針状の葉が二つが一組になっていると思いますが、3本が一つになっている松のことを『三鈷松』といいます.落ちてる松の葉を探してみましょう.

1番さんの不動明王

霊仙寺

時間があれば、駐車場の裏側にまわってみて下さい 綺麗な景色を堪能できます.四国お遍路1番霊仙寺

これが、お遍路さんの一連の流れになります.残り87か所!!!出発前に10番くらいまでカーナビに道順をセットしましょう.
四国お遍路1番霊仙寺

コメント

  1. […] 1番さんの霊山寺を朝一番の7:00にお参り、かつコスト重視(車中泊など)を考えている車お遍路さんは”道の駅 第九の里”での時間調整をお勧めします. […]

  2. […] 当たり前と思われるかもしれませんが、当日移動可能な地域からであれば、1番さんにはAM6:30ころに到着するように予定しましょう.出発があまりに早朝するぎると、自分の体力との相談 […]

  3. […] 1番さんの霊山寺を朝一番の7:00にお参り、かつコスト重視(車中泊など)を考えている車お遍路さんは”道の駅 第九の里”での時間調整をお勧めします. […]