四国お遍路のお線香

四国お遍路のお線香

四国お遍路のお参り、1ケ寺につき本堂と大師堂 × 八十八ケ所
最低でも176回お線香を取り出すことになります。
さらに3本だけ取り出すという、毎回、毎回、わりと面倒な難しい作業が発生します.

3本だけすっと取り出せたときはいいのですが、だいたいは1本多いや足りないパターン、地面に落としてしまったり、普段やらない慣れない動作なので、お線香を折ってしまったりもします.
折れてしまうと、ゴミとしてすぐに捨てる場所もなく、戻したくもないし、そのままカバンの中にも入れたくない・・・ものすごいやっかいなものになります.

お線香専用ケース

そこで活躍するのがこのようなタイプのお線香専用ケースです

四国お遍路お線香

3本をすっと取り出せると、それだけで何故か幸せになってしまうのが不思議
8番さんだったかな、買ってしまいました.

慣れると3本だけスッと取り出せる

お線香専用ケースはお勧めです.
20番さんあたりを超えると、一振りで3本スッとだせるようになります.

四国お遍路
紫や青のお線香がカッコいいかもです.朝一はこんな綺麗なんですよ.

お線香は最低2箱分くらい必要になります.
勧めのお線香

紫はなぜかカッコいいんですよね.
※紫は位の高いお坊さんのようなイメージですが、緋色(ひいろ)赤と朱色の間のような色のほうがさらに位が上のようです・・・庶民のお葬式には来ないようなお坊さんだから知られていないんでしょうね.

ケースはこんなのがあります

片手で取り出せるお線香ホルダーがお勧めです.

お線香を供える際の注意事項

・お線香にできた炎は手で仰いで消す
・お線香のお供えはできるだけ香炉の中心から立てる
・混んでるときはローソクの火でお線香をつけない

※マナー的にはライター(マッチ)→ローソク→お線香の順番で火を着けることと言われています.ただし、混んでいるとき限定ですが、渋滞を避けるため、一旦ローソク立てから離れてライターでお線香に火を着けるようにしましょう.

何故、口の息を吹きかけて消したらダメなの?

お線香を上げるということは、仏様にお線香の(煙)香りを召し上がって頂くということです.
自分を清める意味もありますが、召し上がって頂く香り(煙)に、人間の口からでる汚らしい息で神聖な線香の火を消すのはご法度ということです.手もけがれているのですが、数珠を持つことでリセットされますのでセーフということになります.