四国お遍路 やたら近くに神社が

四国お遍路を周っていると、神社と隣接しているお寺さんが良く見かけます.

古くは『神仏習合』という考えの元、同じ境内に神社とお寺が一緒にあることは普通だったようです.

ところが、明治の新政府が『神仏分離令』を発しました.

政教分離ちゃうんかい!と突っ込みたくなるところですが、まさしく、国が宗教を政治利用するため、神道国教化を進めるための下準備だったと思われます.

要するに、『XX万歳!』となるような道筋を作った法令ということになるのでしょう.

よって、当時は仏教のほうが追いやられるようなことになり、廃寺や大事な仏像や仏具の廃棄など多くあったようです.

ただ、平成の現代、四国霊場のお寺の近くにある神社は衰退しているところも多く、明治時代とは逆になっているところも多いです.

何で神社の中に鳥居があるんやろ?神仏習合時代の名残ですね.

神仏分離

一番面白いのが、79番の天皇寺でしょうか、名前から仕方がないのですが、お寺の山門がなく、神社の鳥居しかありません.

神仏分離

しかも、神社への入り口は鳥居の横から入り

神仏分離

神社へ向かうメインの道を横切ってお寺の本堂に向かいます.

神仏分離

神社のサブとなることで生き残りを図ったのかな?そんな歴史を感じる配置になっています.