お遍路さん=歩きという風潮

お遍路さんの『愚痴』です・・・

いやいやそりゃね、一生に一度は歩いてまわってみたいですよ.

だって、だって、普通の勤め人だと、車お遍路だってなかなかできないと思うんです.

勇気を振り絞って、趣味の1つとして『お遍路さん』と告白したとき、ほぼ100%

『歩き』で?

という反応する人が多いこと、多いこと

確実にタイミングが悪いことが2回

日本経済を崩壊に導いたとき×1回

原発事故タイミングの元首相のお遍路さんのイメージが強い方も多いよですね×1回

車だったとしても、88ケ所をわまろうとするとそれなりの時間もかかりますし、体力、精神力、費用もかかります.

親に趣味を告白しても、あまりにタイミングの悪さのため、政治色が強いと勘違いされ=『あんた大丈夫か?』と母親に確認&注意される始末・・・

『ちゃうし~』

私のような、お小遣い制サラリーマンだと、お遍路は何年もお小遣いを貯め、何回かに分けてチャレンジしてようやく達成できるような旅になります.

四国お遍路

2019年 平成最後の命和前.

地方選挙の平成最後の合戦・・・またなんか言うてるみたい

別に何を言うてもいいのですが、お遍路さんの価値を下げるようなことだけはせんといてほしいです.

ほんま、推薦する支持政党もないので、どうでもいいのですが、、、

関わりをほのめかす発言あどもご遠慮お願い致します.

将来いつかは

玉垣というのでしょうか、工事中のお遍路のお寺さんで見かける真新しい石.

おそらくですが、、、

こっそり寄付、こっそり奉納というのが『陰徳を積む』ということなのでしょうね.

もしもですが、限りなく可能性低いですが、

もし、気持ちと懐に余裕ができたらこういう寄付とかできたらかっこええなと純粋に思っています.

四国お遍路

自分のためにというか、祖先のために、できることなら爪痕を残しておきたい.

(自分が思うので)そんな気持ちでの奉納されているのではと想像しております.

将来、こういうことができるといいのですが、まだまだがんばりが足りません.

お札を持ち帰る人がいるの?②

お札を持ち帰るお話をし、無知だったので少し調べてみましたが、どうもしっくりこないところがありました.

金や錦織のお札、それほどレアではないような気がしたからです.

2年かけて88ケ所周り、88ケ所×2以上に納札してきました.

なんとなく、お寺さんごとに10枚~20枚ほど写真を撮りながらお遍路(旅)をしていたのですが、確認してみると納札箱の写真が数枚ありました.

金の札はほぼ毎回のように見たような

四国お遍路

金札の上っぽい錦織のお札の写真も発見

四国お遍路

毎回、朝一番からお参りしているので、ガイドさん付きの参拝者との遭遇率が高く、同じようなペースで周っていたというのが理由がもしれませんが、派手な色のお札ははずまずの頻度で見かけたような気がします.

他人の金札より、自分の緑や赤札のほうがよほど価値があって、ご利益がありそうな気がするのは私だけでしょうか?

 

37番から38番までの楽しみ カツオのたたき

37番の岩本寺から38番の金剛福寺までは下道をひたすら95kmの道のりとなります.

ないわけではないのですが、ガソリンスタンドもポツリポツリ、コンビニも片手で数られるような道のりです.

そんな中での1番の楽しみ、お勧めは、、、 道の駅なぶら土佐佐賀

お買い物も楽しいのですが、なんといってもお勧めは カツオのたたきです.

今回は2回目の38番の金剛福寺だったのですが、途中で道の駅なぶら土佐佐賀に立ち寄り、前回同様『盛り合わせ定食』を頂いてきました.

安定のカツオのたたきですね・・・

割と好きなので近所のスーパーでよく買うのですが、この味を再現することはないですわな.
何が違いんでしょうか???

四国お遍路88ヶ所のお寺さんは真言宗だけではない

四国お遍路88ヶ所のお寺さんは真言宗だけではない

御存じでしたか?四国お遍路88ヶ所のお寺さんは真言宗のみではないのです.

88ヶ所中、真言宗以外のい寺さんは7つあります.

臨済宗 藤井寺(11番)高福山 (33番)
曹洞宗 薬王山(15番)
天台宗 源光山(43番)青峰山(82番)補陀洛(87番)
時宗  仏光山(78番)

また、お遍路中、神社が近くにあるお寺さんが多いな?と疑問に思われる方は多いのではないでしょうか.

逆に、江戸時代前は神仏習慣合というのが当たり前の時代があったようですね.

もともとはお寺の付属品のような神社だったようですが、時の権力者の都合で、神仏分離というのを強制されたようです.

神社の御神輿担いで、盆踊りにも参加.お寺で除夜の鐘を撞いた後に、神社に初詣・・・今も昔も日本の宗教感って変わらないのかもしれませんね.

政教分離は記憶にありますが、神仏分離って習ったこともないような・・・

まだまた調べている途中ですが、少し気になったことを調べだすと楽しいですね.






気に入った本堂-2 64番前神寺

気に入った本堂-2 64番前神寺

64番前神寺 山の中に凛とたたずむ奥行のある本堂 見た瞬間、思わず一礼してしまう.

四国お遍路

お寺というより、どちらか言うと神社の風格がありますね.
信者がたくさんいるんだろうな~と容易に想像がつきますね.

12番焼山寺の手水場

12番焼山寺の手水場

近所の神社やお寺さんにもあるような手水場が多い中、ひときわ渋さが輝いていたのが

12番焼山寺の手水場

四国お遍路

苔が渋い・・・ここにくちゅくちゅぺぇしてええんでしょうか?
山頂というのもあってひんやり、お清めするだけできが引き締まりますね

四国お遍路
苔が渋い・・・ここにくちゅくちゅぺぇしてええんでしょうか?

気に入った本堂-1 61番香園寺

気に入った本堂-1 61番香園寺

べたな感じで申し訳ないですが、やはり、スケール感に圧倒される61番香園寺.外観の大きさにも驚きですが、中がまたすごい.ただ、1階はあれ?船場センタービルの入店募集の空きスペース?みたいな感じになっています.大阪の人なら分かってくれるかな? 2階が本堂になっているのですが、このスケール感の空間は京都、奈良にもないような、壮大な空間になています.

四国お遍路

本堂内は撮影しておりませんが、未だ、中の壮大感は鮮明に記憶しています.常時拝観可能な大日如来像を拝むことができます.
体育館のような、柱が1本もない作りになっているというのが壮大感を演出しているのかもしれませんね.

お気に入りの山門―2 22番平等寺

お気に入りの山門―2 22番 平等寺

何がいいって、22番 平等寺 山門から

四国マイカーお遍路

本堂の仏堂まで繋がってるんです

四国マイカーお遍路

山門から

四国マイカーお遍路

階段の手すりまで繋がり・・・さらに

四国マイカーお遍路

本堂の仏像までずっと繋がってるんです

四国マイカーお遍路

お寺の中は撮影は御法度なのですが、薬師如来像と繋がっております~