切幡寺(10番)

切幡寺(10番)きりはたじ

・駐車場:200円/境内まで山門近くのPから7分、納経所の近くまで突っ込めば隣接となります/次の7番札所まで約12km 約30分
・見どころ:はたきり観音像

狭いだの、危険だと言われていた道、ここまではそれほどたいしたことないと思っていたが、このお寺さんで車お遍路の難所の洗礼を受けることになります.

詳しくはお遍路難所紹介を参照ください

三門を抜けたところに駐車場があります.ここから本堂までは7,8分かかります.

四国お遍路

少し進むと、杖無し橋があり、”橋では金剛杖を突いてはいけない”お遍路のお作法になります.

四国お遍路

さらに進むと三三三と書かれた石柱が、よく見ると段という文字が・・・
ここから333段あるということです.

四国お遍路

途中、スロープもあったりするのですが、

四国お遍路

基本は階段です.階段の頂上付近に見えるえる建物、あそこまでかと思いきや、、、

四国お遍路

げ、げ、げ~まだあるんか!!!

四国お遍路

ほとんどの方が同じ思いをされているので、階段の途中で『もう少しですよ』などと声をかけてくれます.

 

四国お遍路

本堂

四国お遍路

大師堂

四国お遍路

書き貯めした納札の底がつきる・・・まとめて書くのが億劫で、判子とかだとダメなのかな?と少し罰当たりなことを考えてしまいます.

四国お遍路

ここまでの道のりがキツイせいか、登られている方が少ないですが、さらに数分階段を昇れば 大塔があります.
この大塔は豊臣秀頼が豊臣秀吉の菩提(ぼだい=死者の冥福を祈ること)を弔うため、大阪のお寺に寄贈したものを明治時代に移築したものだそうです.

四国お遍路

四国お遍路

塔もいいですが、塔の前に広がる、この景色を見るために天気のいい日はがんばってもいいかもしれません.

四国お遍路

当日、朝7:00ころ 1番さんに入って10番目、納経所横にあった時計が13:40でした.参考まで

四国お遍路

納経所近く、お寺に隣接した駐車場です.当たり前ですが、プロガイド付きに車はここに駐車していました.

四国お遍路

帰りは階段でなく、スロープのルートで戻ったのですが、駐車スペースはあります.平日なら最後まで突っ込んでもいいかもしれませんね.

四国お遍路

このエントリーをはてなブックマークに追加